カードローンにはメリットも危険性も両面があることを知る

お金に困った時に頼れるカードローン

生活費や何かの支払い、もしくは欲しいものがあったり引っ越し費用だったりと、お金に困った時の手段としてカードローンがあります。カードローンは基本的に担保も保証人も必要ないので、必要な時にすぐに手続きできるという利点があります。しかし、カードローンも借金の1種です。困ったらすぐカードローンと気軽には決断しにくいものです。

 

もしもお金に困っているのであれば、まずはカードローンのメリットとデメリットを調べてみるとよいかもしれません。カードローンは意外と安全なんだという点が理解できれば安心できるでしょうし、利息の仕組みをしればリスクを理解できます。

 

カードローンの仕組み

そもそもカードローンとは何かという話についてですが、無担保型のフリーローンで、しかも繰返し借入れや返済が可能なローンです。繰返し借入れできるというのは、カードローンを理解する上でとても重要なポイントとなります。

 

借入はATMやインターネットを通じて簡単に行えます。手続きをするとすぐに現金が手に入るので、お金に関するあらゆる用途に利用ができます。ただし、限度額は設定されていて、借入残高が限度額に達するまでしか借りられません。返済をして借入残高に余裕ができれば、また借入れができるようになります。

 

借入時の借入残高に応じて、毎月の返済額が決まるのが、多くのカードローンの基本的な返済方式です。もちろん借入れが大きい程返済額も大きくなります。いくら借り入れるといくら返済になるのかは、カードローンによって違います。例えば10万円借りた場合の返済額は、毎月2,000円~5,000円が相場のようです。毎月の返済は口座引き落としやATMでの返済が一般的です。

 

その他、店舗を設置している借り入れ先であれば店舗での返済も可能であり、担当者がいるところなら返済の相談をしながら進められる良さもあります。消費者金融であれは店舗でのキャッシングとして利用ができますが、銀行の場合にはカードローンの相談が店舗で行えない場合もあるので、利用先による店舗の有無や相談ができるかどうかは、しっかりと確認をしておくと安心です。

 

カードローンのメリットとは

カードローンのメリットとして大きいのは、必要書類や借入れまでの日数が非常に手軽という点があります。無担保型であるカードローンは、本人確認書類があれば申込みが可能です。多額の借入れでなければ、本人確認書類1枚で、最短でその日の内にお金が借りられます。普通マイカーローンや住宅ローンなどでは、購入証明や収入証明など様々な書類が必要になりますが、カードローンはその点手軽です。

 

また、申込み先によっては30分程度で審査が終わり、契約後すぐに借入れが可能です。融資までのスピードが早いので、急な出費にも対応しやすいという利点があります。

 

そしてカードローンは繰返し借入れが可能です。次からはお金に困った時は、最寄りのATMでカードを入れて、すぐに借入れができるようになります。カード発行後は自分の口座からお金を引出すように借入れができます。

 

 

カードローンのデメリットとは

契約までのハードルが低く、スピーディなカードローンですが、デメリットもあります。つい道自由で何度でも利用はできますが、適用金利は各種ローンと比べて高めです。数百万円の借入れなどでなければ、金利の相場は13~18%程度です。これは他の各種ローンと比べてもとても高い部類に入ります。カードローンの借入額が少なければいいのですが、多額の借入時には注意が必要です。

 

そして、カードローンは繰返し借入れが可能なので、逆に使い過ぎてしまうという危険性があります。カードローンは繰返し利用可能という点が重要なのは、それがメリットにもデメリットにもなるからなのです。

 

繰返し、しかも簡単に借入れが可能なカードローンは、様々な場面で役立ちます。直接現金を借りられるので、あらゆる場面で利用シーンが浮かびます。それだけ頼りたくなる場面も多くなりますが、頻繁に借入れを繰り返すと、毎月の返済額も上がってしまいます。

 

使い過ぎないという心構えはもちろんですが、何にでも使えるほど便利な存在だからこそ、使い過ぎてしまうかもしれないという警戒心は大切になります。

 

契約後であれば手軽にカードを使ってATMで借りられるカードローンキャッシングは、無計画なキャッシングカードの使い方をしてしまうと後々で自分自身で困る事態を招いてしまいます。しっかりと計画的に利用を進めていくためにも、余計な借り入れはしないようにすべきでしょう。